そのIPアドレス、プライベート?パブリック?

10秒でわかるIT用語

普段使っているのはローカル専用のプライベートIPアドレス

家や会社でLANケーブルを繋いだ時、無線LANに繋いだ時、デバイスにはIPアドレス(住所)が払い出されます
DHCPサーバを参照

この時払い出されるIPアドレス、実はローカル専用で、そのままでは家や会社の外に出ていけません

このローカル専用のIPアドレスのことをプライベートIPアドレスと言います

え?佐藤さん家の隣?それじゃどこかわかりませんよ、、

プライベートIPアドレスは、佐藤さん家の隣、と言ったように近所でしか通じない住所(IPアドレス)です

街の外には、佐藤さんといってもたくさんいるのです

インターネットの世界に出ていくときには、○○町、と言った表現が必要です

この○○町、という住所(IPアドレス)はインターネット全世界で知れ渡っています

これをパブリックIPアドレスと言います

結論

普段使っているのはローカル専用のプライベートIPアドレス

インターネット全体が知っているのはパブリックIPアドレス