第七回 ロックダウン中の幼児教育スケジュールを考える

これまでの振り返り

どうも、佐伯です

前回、国というのをテーマに遊びながら学ぶのはどうだろう?というアイデアが出ました

実際、一発目をアメリカでやって見たのですが結構色々な応用が効くので助かっています(ネタに困らない、という意味で主に親サイドが)

今回は中国

幼稚園に行けなくなって、英語と中国語に触れる機会が一気になくなった息子のため、今回は中国にしました

初めは例によって国旗づくりから

アメリカに比べると圧倒的に楽ですね

大きい星一つに小さい星四つ

小さい星はデフォルメしてちょっと大きめに作るとわかりやすくていいです

で、結局は中華食うくらい

アメリカの時もそうでしたが、結局はご飯をその国発祥の物にするくらいで終わっちゃったりします

大人は麻婆豆腐、子供は中華丼にしました

Babybusで色を覚える

最近、色を中国語でちょっと言えるようになってきたので、そこを強化すべくこれを見ました

色をテーマにいろんな歌があって、ちょっとは効果あったかな?と思います

続・アメリカ編

アメリカでやり残したことがいっぱいあるので、それをちょっと取り入れました

・スポーツ(バスケ、アメフト、野球)の動画を見る

・フラダンスをする

自分が普段あまりスポーツを見ないので、いい機会でした

手作りのバスケットゴールを作ったところ、喜んでボールを投げ入れていました

フラは大人に効果あり

ロックダウン中の悩みの一つに大人の運動不足があります

そんな中、フラは結構よかったです

見た感じゆったりしてるし、おばちゃんとかがやってるイメージなので正直なめてかかったのですが、想像以上にきついです

ずっと中腰で、腹筋や背筋を使いながら動くステップはジワジワ体にきます

これはロックダウン期間中日課にしてもいいかもと思うくらい

これがよかった

その他

あとは、アメリカだったらNASA関連の工作をするとか、自由の女神に変装するとか、ジャズをやるとか、中国だったら少林寺やるとかカンフーパンダを見るとか、色々ネタがありそうです

それでは今日はこの辺で

ではまた