新卒で社内SEを絶対にオススメしない理由

コラム

社内SEはIT職の終着駅

社内SEと聞いてどういうイメージを持つだろうか?

パソコンのセットアップ、クラウドサービスの管理、従業員のサポート、ITに関する相談・トラブルがあれば何でも対応する、それが社内SEだ

一見すると、パソコンが好き、ITの知識が豊富、そういった人が社会に貢献するのにうってつけの職業のように思える

しかし、社内SEはIT職の終着駅であると私は考えている

先がない

あなたがもし今社内SEを目指している立場(あるいはすでになっている)としたら、きっと生涯に渡ってITに関する職業(IT職)で食っていこうと考えていることだろう

では、IT職の中で社内SEがどういう位置づけか俯瞰してみよう

IT職は大きく分けて、ITを売る側とITを使う側に分かれる

社内SEはそのうち、ITを使う側に分類される

実はこのITを「使う」側の職種は少なくて、ほとんどのIT職はITを何らかの形で売ることを仕事としている

ITを売る側にどういう職種があるか見てみよう

それぞれざっくりと以下のような仕事である

  • コンサル ・・・顧客の経営課題を捉え、解決に向けた道筋を立てる
  • SIer   ・・・顧客の要件を捉え、その実現に必要なシステムを設計・構築・運用する
  • ベンダ  ・・・特定の領域でソリューションを開発・販売・導入をする
  • プログラマ・・・プログラミング言語を使い、システムを構築する
  • SES    ・・・IT人材を育成し、顧客企業に常駐させる
  • 研究開発 ・・・特定の技術を研究し、ソリューションを開発する


ここで、X軸とY軸に専門性と複雑性の2軸をとり、各IT職をマッピングすると以下のようになる

実際には、ITというカテゴリの中で、近年のWebシステム開発における職種はかなり細かく、かつそれぞれに個別の専門性・複雑性が問われるが、ここでは説明のためWebシステム開発に関わる細かな職種分類を省く
※SIer、SES、プログラマのいずれかに相当すると思っていただきたい

当然、ITを売り物にしている職種の方が専門性が高く、その他社内調整に追われる社内SEの方が専門性が低くなる

一方で、特定領域に常駐するSESや、特定ソリューションの開発・販売をするベンダーに比べれば、社内SEはあらゆることに対応する必要があるため、複雑性は高いと言える

では、これらのIT職がある中で、社内SEでキャリアをスタートした場合のIT職人生はどういう変遷を辿る可能性があるだろうか

私自身、SIer→社内SEという転職をした経験があるが、その時点で「詰んだ」と感じた

社内SEは、先がないのである

「売る」側→「使う」側の転職は”あり” 逆は”なし”

ITを「売る」側からITを「使う」側への転職は”あり”なのだが、逆にITを「使う」側からITを「売る」側への転職は”なし”なのである

なぜか

そこには明確に、専門性の壁がある

中途採用をする側の気持ちになってほしい

「使う」側の社内SEを採用する際、もともと「売る」側だったSIerやコンサル人材は”あり”である

高い専門性を発揮して会社の課題を中から改善することができ、かつ「使う」側から見て外注先である「売る」側の企業のこともよくわかっているので価格交渉などにも力を発揮することが期待できる

顧客への提案や説明にも慣れているため、社内調整も難なくこなせるはずだ

一方、「売る」側のSIerやコンサルを中途採用する際、「使う」側の社内SE人材はどう見えるか

見方によっては、顧客の立場を理解していて、提案活動をしやすいと思うかもしれないが、実際には期待できない

社内SEは社内調整しか経験がないため、対顧客、というガチンコのビジネスに触れたことがないのだ

そのため社内SEは即戦力の中途採用としては期待できず、むしろその他の「売る」側にいたベンダーやSES人材の方が専門性が高い分、即戦力として期待できる

ここまでをまとめると

社内SEから他のIT職への転職は難しい

ということになる

これが私が新卒で社内SEをオススメしない理由である

専門性を捨てる、という逆の選択肢

さて、すでに社内SEに内定している、あるいは現在社内SEとして働いている人は今後どうするか

そういう人たちには、全く違うキャリアの方向性があると考えている

むしろその場合、ITを「売る」側よりもはるかに広い世界が待っている

私の場合、SIer→社内SEに転職し「詰んだ」と感じて以降、ITを「使う」ことに特化しようと考えた

そこで、自分の役割を「使う」側でありつつ高いレベルに持っていくため、従業員数の少ない企業に転職した

その結果、現在は経営の立場からITの「使い方」を考える仕事ができており、専門性を捨てたことで海外子会社への出向、インフラの管理からシステム開発の管理まで、それぞれの専門性を真面目に身につけながら取り組んだ場合には考えられないスピードで、幅広い領域の仕事を任せられている

私のケースだと、現在の専門性はITとは無関係な、「グローバル」「予算管理」「組織編成」「人材育成」といった類のものになる

これは「マネジメント」に特化した例だと自分では捉えている

「使う」側のいいところは、一つの会社、しかも自分の会社に直接貢献できること、自分自身が責任をもつところにある

社内SEのその後のキャリアは、ITという専門性を捨て、会社経営の本質に近い専門性を身に着けるのがオススメだ

ただ、繰り返すが、新卒から社内SEはオススメしない

仮に、初めから「使う」側でキャリアを積もうと考えているとしても、「売る」側のビジネスモデルが理解できている方が圧倒的に有利だからである

遠回りでも、一度「売る」側に潜り込むことをオススメする