インターネットとは?

internet 10秒でわかるIT用語

インターネット=道

ネットに繋がってる=道が通じてる

と思ってください

家から町に出る道がないと、yahooさん家に行けません

固定回線(ISDN、光)、モバイル回線(3G, 4G)の普及で爆発的に道が広がり、インターネットは普及しました

インターネットが遅いとは?

インターネット=道

とすると、「道が遅い」は変です

インターネットが遅い時は、「荷物が届くのが遅い」です

・道が混んでいる → 荷物がゆっくり移動する

・道が狭い → 道が混みやすい

・荷物が多い → 全部届くまで時間がかかる

これらはインターネットが遅い理由と全く同じです

インターネットを早くするには?

自分のための回線を契約しましょう

例えば、NUROの2Gbps回線に乗り換えてインターネットが早くなるには理屈があります

NURO → 人が少ないので”混みにくい”

2Gbps → 道が広いので”混みにくい”

逆に安くて有名な道は”混みやすい”ので、荷物が届きにくいです

個人的にはNURO光に乗り換えて早くなった経験があります

NURO光最大8.3万円キャッシュバック!


どの道が混んでいるかは地域によって違うので、比較サイトを使うのもいいかもしれません

結論

インターネット=道路

インターネットを早くするには、”混まない道”を選ぼう