名前と住所をつなぐ影の存在、DNS

DNS 10秒でわかるIT用語

DNS=アドレス帳

DNSは名前(ドメイン名)を住所(IPアドレス)に変換する影の存在です

インターネット上の名前と住所が全て記録されたアドレス帳です

「お母さんちょっと東京都港区1−2−3に出かけてくるから」って言います?

ドメイン名を使う理由がここにあります

IPアドレスは、116.14.19.241という数字の羅列です

ドメイン名である、yahoo.co.jpは文字列です

yahoo.co.jpの方が覚えやすいですよね?

なので、人は名前(ドメイン名)を使い、裏で住所(IPアドレス)に変換しているのです

「お母さんちょっと佐藤さん家に出かけてくるから」で話が通る

いい世の中ですね

結論

DNS=インターネット界のアドレス帳

 


DNS