CGEITを受ける 勉強編2(v7)

※2020年7月からCGEITがv8になっているので、内容が古いです

ドメイン2 Strategic Management

勉強の流れ

1. ざっくりテキストを読む

2. 問題集を解く

3. 要点を知る

ざっくりテキストを見るも、要点が掴めない

自分なりに原因を想像するに、各段落がかなり密度の濃い議論からの結論をさらっと書いているからだと思う

それぞれ、自分が経験の中で思考したことのある分野なり論点ならなるほど、となるが、そうでない場合は具体的に何の話なのかイメージがつきにくい

大事なポイント

・EA(Enterprise Architecture)めっちゃ大事、全てはEAありき

・俯瞰的に全体評価する時、投資ポートフォリオ大事

・ビジネスケース大事、常に価値創出を心がけよ

ドメイン2の問題の正答率は34/51問(66%)だった

ドメイン1よりも、間違えた問題の正解を見た時ににえっ?と思う時が多かった

多くの問題が、Primarily、Best、Most、のような問いかけが多いので、正解以外の選択肢がBetterであったり、結果的には必要な話だったりするので、選ぶのが難しい

・本当にそのフェーズ(大体は質問に示してある)で大事なことか?

・本当にその役割(Board, CIO, IT strategy committeeなど)に求められることか?

ドメイン2自体は戦略管理の話なので、抽象度の高い選択肢(EA, Business Case, Strategy, Valueなど)が正解になることが多く、(Budget, Resource, Project)などの現場レベル(CIOがResonsibility持つ系)は誤答である可能性が高い

次回 ドメイン3 Benefit Realization

Benefit Realizationというと、もうちょっと具体的な議論に入るかもしれない(コスト、売り上げ、体制とか?)

次回もテキストざっくり読む→問題集→まとめの流れで行きます