1日1TEDレビュー始めます

1日1TEDレビュー

はじめに

トム先生です

今日から、1日1TED、レビューします
英語学習者に役立つ情報をセットでお伝えします

TEDって何?

TEDは、世界中から選りすぐられたプレゼンテーターが数分〜10分程度のプレゼンテーションを観衆の前で話すカンファレンスです

TED見てるよ!と言う人がいたら、このカンファレンスの動画を公式サイトやYoutubeを通じて見ているということでしょう

主にテクノロジー、サイエンス、教育、ビジネスなどの分野で特筆すべき成果・アイデアを持った人がそのコンセプトに至った経緯やそれにまつわる苦労話を話します

内容がどれも独創的で、そういった人たちの話は聞いていて面白いので、つい惹きつけられます

同じ内容で本を出しているプレゼンテーターもいて、本を読むより手っ取り早く内容を掴めるのもいいところです

なぜ英語学習にTED?

TEDの動画は内容が面白く惹きつけられる、というのはもちろんですが、そのほかにも英語学習者にとって便利な機能があることもおすすめの理由です

ここではそのメリットを2つ紹介します

メリット1 日本語/英語の両方で字幕が出せる

TEDの公式サイトで見たい動画を開くと、パッと見てYoutubeのような画面が出ます

その中に字幕を選ぶ機能があり、英語と日本語のどちらかを選んで表示させることができます

この機能を活用することで、レベル・目的に合わせた英語学習が可能です

  1. 日本語字幕で見る ←概要を掴む
  2. 英語字幕で見る  ←英語の表現を学ぶ
  3. 英語字幕なし見る ←聞き取りを鍛える

自分のレベル・目的に合わせて字幕を調整できることは大きなメリットです

日本語字幕が出せない動画もある?

残念ながら、日本語字幕がない動画もあります

TEDの翻訳はボランティアで対応が進んでおり、全ての動画を日本語字幕付きにすることは難しいようです

英語学習の上級者であれば日本語字幕なしの動画を流し見ることもいいと思いますが、初級〜中級者にとってはほぼ避けたいコンテンツでしょう

以下のリンクから、日本語字幕つきの動画に絞って検索することができますのでそこから探すようにしましょう

日本語字幕付きTED動画検索ページ

メリット2 スピードが調整できる

TEDの公式サイトで動画を見ると、スピード調整のボタンがあります

プレゼンテーターは基本的に観衆が英語ネイティブである前提で話すため、人によっては早口で話す人もいます

その場合、スピード調整機能を利用して、字幕と照らしながら聞くといいです

ゆっくり再生しながら聞くと、普段は気がつかないようなポイントに気づくことがあります

「あ、ここ全然発音しないんだな」

「こことここは連結されるんだな」

そういった発見ができるのもスピード調整機能のいいところです

レビューの観点は何?

英語学習にうってつけのTEDですが、弱点があります

それは、コンテンツが多すぎるということです

世の中にはおすすめのTEDを紹介しているサイトも多く存在しますし、ランキングの上から見ていくことも可能です

英語学習者にとっての目的は娯楽ではなくあくまで学習なので、寄り道している暇はありません

効率的に学ぶことができるコンテンツを選びたいところです

そこで、私はTED動画を見たレビューとして、以下の観点をお伝えすることで、英語学習のレベルに合わせて動画選択ができる手助けになりたいと考えています

観点は三つ

観点1 話すスピード

TEDの動画をプレゼンテーターの話すスピード別に検索することはできません

各動画のプレゼンテーターの話すスピードをお伝えすることで、自分のレベルにあった動画を選べるようにします

観点2 聞き取りやすさ

検索している中で、タイトルとサムネイル画像からそのプレゼンが聞き取りやすいかどうかは判別が付きません

訛りの強さ、声のトーンや大きさ、環境音の入り方、録音の質など、総合的に見て聞き取りやすいかどうかをお伝えします

基本的には、聞き取りやすい動画から紹介していこうと思いますが、聞き取りづらいけど面白い、有名なコンテンツもありますし、たまには自分のリスニング能力を判別する上でチャレンジするのもいいと思います

観点3 面白さ

面白さの基準は個人によると言われればそれまでですが、プレゼンテータの話のうまさ・テンポなど一定の基準はあると考えています

もちろん、内容に強い関心があれば話が多少下手でも面白いと思うかもしれませんが、ここではパッと聞いてみて面白いと感じるかどうかを基準にレビューしたいと考えています

まとめると

【初心者向け】【ゆっくり】【面白さ☆☆☆】マット・カッツの30日間チャレンジ【2:49】


といったタイトルをつけて、内容を紹介したいと思います

最後の【2:49】は時間です

今日は忙しいから短いのだったら見るけど長いのはやめておこう、などの判断に使えると思います

実際のレビューはまた次回から

最後まで読んでくれてありがとうございます!

更新情報はTwitterで発信しますので下のボタンからフォローお願いします